大坂なおみの性格が変わった理由は?コーチやダイエット方法を調査

      2018/09/10

Pocket

大坂なおみがセリーナに勝利で大金星!スピーチが最悪だけどかわいい?

テニスの大坂なおみ選手、セリーナ・ウィリアムズとの試合に勝利して大金星でしたね!子供の頃から彼女に勝ちたいと思っていたそうなので、夢がかなったって、まさにこういうことですよね。

そしてスピーチ。普段英語で会話している大坂選手にとって、日本語はとても難しいらしく、たどたどしい感じになってました。本人は「こんなスピーチ過去最悪」ってへりくだったように言っていたけど、それが聴衆からは大ウケで「かわいい!」と歓声。

大坂選手はハーフの日本人だけど、ルックスはかなり外国風。でも謙虚さはやっぱり日本人なんでしょうか。

たしかに見た目外国の人が日本語話していると、親近感湧きますよね。(下手だとなおさらかわいかったり…)

ただ、大阪選手の場合はテニスの日本代表なんだから、もっと日本語きちんと話せた方がいいという声もあるようですが、う~ん、そこはまあ、これから頑張ってくださいって感じです…。

でも、私たちが海外に行って英語を話すと、たとえ文法や発音がいまいちでも大抵フレンドリーにしてもらえるのは、あの親近感の効果があるんじゃないでしょうか。

大坂選手のスピーチは、ただ可愛いだけじゃなくて、私たち日本人も「間違い気にせず英語を話した方がお得だよ~」ってことを教えてくれた気がします。

 

Sponsored Link

大坂なおみの家族構成やテニス歴 父には勝ったが姉は強かった

ここで大坂なおみさんのプロフィールです。

国籍  :日本
出身地 :大阪府大阪市
居住地 :アメリカフロリダ州及びニューヨーク州
生年月日:1997年10月16日(2018年3月現在 20歳)
身長  :180㎝
利き手 :右

父はハイチ系アメリカ人、母は日本人。姉の大坂まりもプロテニス選手である。

国籍は現在日本アメリカとの二重国籍)とのことです。

そしてお姉さん大坂まりさんもテニスプレーヤなんですね。お父さんレオナルドさんは元バスケ選手でテニスはやっていなかったそうですが、幼い頃はお姉さんやなおみさんのテニスの練習相手になっていたそうです。

ただ、なおみさんは7歳でお父さんに勝ってしまったそうなので、その後は専門のテニスコーチから習ったようです。

意外なことに、初めは姉のまりさんの方が強かったそうで、初めてなおみさんが勝ったのは10歳ころだそうです。

7歳でお父さんに勝ったなおみさんがその後3年間勝てなかったまりさんって、少女時代はおそるべし強さだったんでしょうね。

コーチ,サーシャ,大坂なおみ

大坂なおみの内気な性格を変えたコーチの人柄がイケメン

さて、テニスでセリーナに勝利し、スピーチで面白発言をして「天然」「かわいい」と言われた大阪なおみさんですが、もともとは内気な性格だったそうです。

とはいえ天然な人って自分の世界観がはっきりしていることも多く、天然=社交的というわけでもないですが、なおみさんはテニス以外の余暇はネットフリックスのドラマ鑑賞が趣味という、あんまり外に出るタイプではなかったそうです。それだけではなくけっこうな人見知りでもあったみたいですね。

ただ、そうなってしまうのもわかる気がします。幼い頃は日本に住んでいたそうですが、見た目で目立つことも多かったんじゃないでしょうか。

また、アメリカに引っ越してからも、おそらく有色の人に対する偏見の雰囲気があったんだと思います。人によって気にする度合いはさまざまでしょうけど、繊細な日本人気質もあって内気になってしまったのかもしれません。

けど、だからこそテニスで強くなってみせるというファイトも生まれたのだと思います。お父さん、お姉さんを負かし、様々な大会を経てセリーナ選手に勝利したのは、内気な一方で負けず嫌いな一面が発揮されたからですね。

普通だったらお姉さんに勝てないあたりで、「いや~私は才能ない」とか諦めてしまいそうなものですが、そうならなかったところに根性を感じます。

また、内気だった心をほぐしたのはコーチ、サーシャ・バイン氏の存在も大きいようです。テニスプレーヤーとしてはうまくいかなかったそうですが、コーチとしてはなおみさんの目標だった相手セリーナ・ウイリアムズ選手ヒッティングパートナーをしてきたそうです。

他にも様々な選手を勝利に導いてきたとのことだそうです。やっぱり人には天性の才能っていうのがあるんですね。
ピアノなどでも、優秀なピアニストが教える立場としてはうまくいかなかったり、その逆もあるのと同じだと思います。

で、このサーシャ氏ですが、セルビア系ドイツ人で顔はけっこうなイケメン!ルックスだけではなく人柄も明るくて情熱的、それに優しい。さらに歩道にあるブロックについて「なんで道をふさいでるんだ!」とまじめに議論を始める、ある意味天然なところもあるキャラクター。

もしかすると大阪選手の天然発言は、サーシャ氏譲りなのかもしれないですよね。そして彼を通して引っ込み思案な性格も変わってきたようです。今のところはコーチとプレーヤー間柄ですが、そのうち恋心が芽生えるなんてこともあり得るかも…?

大阪選手が優勝したのは、彼が今までの女子テニスプレーヤを教えて培った経験が活かされたとも言われていますが、それだけじゃなく二人の相性も良かったんでしょうね。

 

Sponsored Link

優勝に繋がった7kg減のダイエット方法がザ・日本人!

また、大阪選手はこの大会の前に7㎏減のダイエットに成功しています。この減量でパフォーマンスがかなり良くなったそうなので、勝つためには練習だけじゃなくて体のメンテナンスも重要ってことですね。

もともと大阪選手は身長が180㎝もあり、その高さで69㎏だった体重が62㎏になるって言ったらかなりスリムですよね。腕などは筋肉質な感じですが、実際に全体的に見たらかなり細いんじゃないでしょうか?

ライバルのセリーナ・ウィリアムズ選手はもっと大柄なのかと思いきや、意外にも175cmと大阪さんより少し小柄んですね。とはいえ女性でセリーナさんと同じくらいあれば、実際かなり大きく感じると思います。

セリーナ 暴言やラケット破壊これで何回目?キレやすい性格の理由も

たしかに以前の顔よりも優勝した時の方がすっきりしている感じがします。

ダイエットはフィットネストレーニングがメインだったそうですが、食生活も効果を奏したとのこと。もともと和食派の大坂選手は鮭や豆を好むそうで、あっさりヘルシーメニュに抵抗がなかったのがよかったんですね。意外と典型的日本人な好みがいいですね。

私などすぐに高カロリーなものを食べたくなってしまうので、ほんと見習いたいところです(笑)

コーチとダイエットで磨きをかけた大阪選手、これからもっと輝いていくと思います。

努力家なので日本語もすぐ上手になるんじゃないでしょうか。期待大ですね~。

 

 - スポーツ選手 , , , , , , , , , , , , , , , , , ,