高校生も塾が必要な理由は何?予備校との違いは?

      2018/02/04

Pocket

学習塾っていうと、主に小中学生が行くものというイメージがありませんか?

以前、高校生用の学習塾があると聞いたときに初耳だったので驚きました。私が高校生の頃塾に行っている同世代の人の話なんて聞いたことがありませんでしたから。

これを読んでいる方は小、中学校のみなさんかその親御さんが多いと思うので高校の話はまだ先よって感じだと思いますが、将来のため一応参考になればと思います。

 

かくいう私も高校2年の頃、冬季限定の予備校なら行ったことがあります。予備校行かなきゃと自分から思い立ったのではなく、友達から「冬季講習行くから一緒に行かない?」というお誘いがかかったからです。5日コースなのにインフルエンザにかかって、結局2日くらいしか行けなかったし授業は難しすぎてちんぷんかんぷんだったのを覚えてます。

しかも数学を受講したのに、結局受験に数学は使わなかっという無駄(汗)

だからなんとなく中学生までは塾、高校生なら予備校よ♪と勝手に思っていましたが、塾講師に聞くところによると、高校生用の塾はまぎれもなく存在しているのです。そして、予備校とは全然違った役割があったのです。

予備校はそもそも浪人生も通う、大学入試のためのテスト内容をひたすらマスターするところです。多分それ以外のことはやりません。大学入試の過去問を重点的に解説したりするのです。私は実際予備校に3日しか行っていないので、細かい内容はそちらに詳しい方から情報を得ていただきたいのですが、高校の授業内容みたいなことはしないでしょう。

逆に高校生用の学習塾というのは、高校の授業内容や中間、期末のようなテストについて力を入れている、いわば中学校の延長のようなところです。

どうも、学校の授業や通知表に力を入れるのって「中学生」というイメージがありますが、確かに高校生も通知表はありました(大学もありますし)。高校は中学よりバイトとか学園祭など活動範囲が広いため、学校の勉強自体に力を入れるっていう雰囲気が弱い気がします。あ、もちろん私の中での印象です。実際は留年なども関わってくるので、中学校以上にハードだと思いますよ。

その、高校のテストで良い点を取ることで、通知表の内申を上げることができます。すると大学も推薦で入れてもらえる可能性が上がります。要は、予備校に通ってするようなハードな大学入試をやらないで、大学に入ることも可能というわけです。

もし、推薦で大学に入学したい場合、コツコツ、コツコツと塾で中間、期末の成績を上げておくのも1つの方法だと思います。そういうための、1つの対策して高校のテストに重点を置いてくれる塾もとっても役に立つんですね。

 

 - 小・中学生学習塾あれこれ話