きんさん・ぎんさんの娘達が広告に?でもなぜ金さんの子供はいないのか…

   

Pocket

銀さんの娘達が広告に出演 千多代さんは100歳、美根代さんは94歳…

25年ほど前に放送された「きんは100歳、ぎんは100歳」のCMで有名なぎんさんの三女、千多代さんが、今年100歳になられるそうです。親子揃って100歳で元気ってすごいですよね。

千多代さんは今年(2018)3月、94歳の妹である五女、美根代さんと一緒にダスキンのCMに出演されます。

過去にきんさん・ぎんさんが出演されたのも同じダスキンだったので、2代目として話題になることが期待されますね。

2人で座布団に座っているセットも一緒なので、元祖のCMを覚えている人にとっては懐かしい感じじゃないでしょうか。

そのうちいつかお孫さん世代で3代目も作成されて、伝説のコマーシャルになるかもしれません(笑)

 

Sponsored Link

銀さんは娘が5人 現在は2人?

きんさんぎんさんの銀さんは、5人の子供がいましたが、全て娘さんです。そのうちの次女は夭折していて、4女の百合子さんが昨年他界されたため、今では3姉妹になっています。長女年子さんは諸々の事情などからCMには出られないそうですが、お元気のようです。

矢野年子(やの としこ、長女、1914年 (大正3年) 4月14日[5] - )
趣味は料理で、チャーハンが好物。

津田千多代(つだ ちたよ、三女、1918年 (大正7年) 10月21日[5] - )
口が達者で、毒舌と評判。

佐野百合子(さの ゆりこ、四女、1921年 (大正10年)5月18日[5] -2017年4月 )
趣味は、園芸、庭いじり

蟹江美根代(かにえ みねよ、五女、1923年 (大正12年) 10月1日[5] - ) - 蟹江家は美根代の夫が婿養子となった。

こちらはウィキペディアから引用させていただけましたが、皆さん明治でも昭和でもなく、全て大正生まれっていうのがこれまたすごいですよね。大正という短い時代の間に5人もお子さんをもうけたぎんさんは、さぞかし子育てにいそしまれたことと思います。

しかしぎんさんは当時、お姑さんから男の子を授からないことでイヤミを言われたなど、姑嫁あるある的な確執も体験しているそうです。

お姑さんのプレッシャーを背に、次は男の子を…と思いながら、5人全て女子だった。でも、今の時代なら後継云々よりも一緒にファッションを楽しみたい、女子トークしたいなどの理由でお母さんが女の子を望む声も多いので、価値観って時代によって違うなあと思います。

コマーシャルや取材では飄々としていた印象のぎんさんですが、過去にはこんなこともあったんですね。

銀さんの娘

金さんの子供は?なんと驚きの11人、でもなぜCMに出ないのか?

ところで、銀さんの娘さん達がメディアに出演する一方、金さんのお子さんに関しては情報がほとんどないようです。

きんさん・ぎんさんの娘達が広告出演」というからには、お2人のお子さんがそれぞれ1人ずつみたいな感じもしますが、お2人とも銀さんの娘さん。

きんさんのお子さんはどうされてるのかしら…?と、いつもマニアックなことが気になってしまう私はそちらも調査しました。

するときんさんには、実は11人もお子さんがいらしたのです。以下、お名前です。

・和子

・春

・つた子

・ふじ子

・わさ子

・大作

・七郎

・よしの

・光良

・あや子

・幸男

この中のどなたもメディアに登場していないところを見ると、事情は分かりませんが出られない理由があるのかもしれません。

けれど、きんさんが逝去された2000年当時、お子さんが6人、お孫さん11人、ひ孫7人、玄孫1人とあるため、きっと今でも表に出ないだけで一般人として生活されていることと思います。

もともときんさんやぎんさんだって、一般人だったわけですし、ぎんさんファミリーが表に出て楽しむ志向なのに対し、きんさんファミリーは穏やかな生活を希望したのかもしれませんよね。

 

以下、一つだけ、末子の幸雄さんがイベントに出演されているのを見つけました。

成田きんさんの健康長寿の秘訣を学ぶ」こちら名古屋で開催されたセミナーで、幸雄さんがきんさんの長寿の秘訣を説明されたようです。

お2人は有名になる前、認知症の傾向もあったようですが、テレビに出てからそう言ったものが改善して行ったそうなので、秘訣はあれこれやってみることなんでしょうね。

きんさんの子供はテレビには出ないけど、こういった催し物ならokなのかもしれません。

Sponsored Link

きんちゃんとぎんちゃんは代わりばんこに学校に行っていた?

おばあさんとしてCMに出演した現代では人気者のきんさんぎんさんですが、子供の頃は双子ということで苦労した時期もあったそうです。

というのも今から100数十年前は、まだまだ世の中は言い伝えとか迷信を気にしにしていて、それによると双子というのはよろしくないということだったそうです。

学校でもそれが原因ででいじめられたりもしたので、2人は相談して交代で1人ずつ学校に行って、帰ってきてからその日習った内容を休んでいた方に伝える。なんてこともしていたようです。

それが長く続いたとは思いませんが、妙な迷信で差別をされるのは悲しいですよね。昔は多くの人と違うことがあると差別を受けたりして大変だったと思います。

けど機転の効いた代わりばんこ対策はちょっとお茶目ですよね。「お茶目な双子」というお話を思い出しました(笑)

また、習ってきたことを人に教えるっていうのは、インプットとアウトプットをその日にやるということで、学習が定着する効果が高いようですよ。きっと、お2人とも賢かったんじゃないでしょうか?

きんちゃんとぎんちゃんというCDを出したり、名言がたくさんあったりと、老後までかわいく賢かったお2人みたいに歳を重ねていきたいものです。

 

 

 - 未分類 , , , , , , , , , ,