バカマツタケの値段や松茸との違い、おかしな名前の由来を調査

   

Pocket

バカマツタケ値段はなんと!

バカマツタケというきのこを人工栽培することに成功したそうですね。見た目は松茸に似ていますが、これは出回るんでしょうか。

そしてバカマツタケを買うとしたらお店で普通に買うことができるんでしょうか?そんな事が気になったので、調べて見ることにしました。

今の時期(2〜3月)は出回ってませんが、9月くらいになると楽天などで1円で売ってたりするそうです。送料の方が高いんでしょうね。逆に、買う人がいるのかどうか気になります。もし買うとしたら、話のタネにみたいな感じなんでしょうか?

バカマツタケ食べてみた(笑)とか言われたら、ちょっと興味ありますよね。

でも、人工栽培に成功したなら、椎茸しめじナメコなどのように一年中スーパーに出回るんでしょうかね?他のきのこだって本来は旬の季節があったと思うのですが、今じゃ季節関係ないですものね。

椎茸を手に取るときに「椎茸の季節ね」とか、「しめじはこの時期だけだから」なんて考えながら買ったりしませんからねー。

 

Sponsored Link

バカマツタケの風味は松茸に劣るのか?

そんなに安売りしているバカマツタケの風味も気になりますね。

大きさは普通の松茸より少し小ぶりだそうですが、それ以外の香りや味といったところはほとんど同じのようです。

中国産の松茸だって、値段は10分の1とかですが、正直違いはよくわからない、という人が多いんじゃないでしょうか?

それどころか私は袋に入った松茸のお吸い物も松茸風味でおいしい~と思っているので、全くわかりません(笑)

ということで、素人松茸狩りに行ったら、バカマツタケを採ってしまってもまずわからないでしょうね。

 

バカマツタケ

決定的なバカマツタケと松茸の違いはなんなのか

ここまで考えると、バカマツタケも松茸のままじゃいけなかったのかな?名前を区別する必要があったんだろうか?とまで思いますが、決定的に違うところがあるのでした。

それは普通の松茸より早く生えてくることと、松茸は松林から生えるのに対して、バカマツタケは雑木林なんだそうです。

松竹梅って言葉もあるくらい、には高級感が付きまといますが、やっぱりキノコも出どころというか、お家が大切なんですね(笑)

お見合いでも、良い子だし可愛いけど家柄がマズい。みたいなところで選別されるのと同じ感覚なんでしょうかね?

もしかすると舌の肥えた人ならこの差がわかるのかもしれません。お正月芸能人格付けGACKT様に食べてもらったらピシャッと言い当てるんじゃないでしょうか(笑)

 

Sponsored Link

なんでバカってつけたのだろう?おかしな名前の由来

普通の松茸なら高級感があって祀られそうなものの、頭にバカがつくとなんか急に格が下がってしまいそうです。そのせいで価格も安いのでしょうか?

なんでバカなんて頭につけたんでしょうね。人間だったら不名誉すぎてプンプンだと思いますが、それを言ったらバカ貝もきっと怒ってますね(笑)

バカではありませんがバフンウニとかもいい気はしてないでしょうね。馬の糞ですよ!まあ、見た目が似てるんでしょうけれど、これも高級なんですよね。

人間は、相手(食べ物)が文句を言わないのを良いことに、言いたい放題な名前をつけるもんですねえ(汗)

なんでもバカガイのバカはハマグリに似ているののハマグリみたいに身を全部食べられないし、殻がもろいので、ハマグリの劣ったやつという意味が由来だったりするそうですね。他にも口を開けてるからとか逃げるのが遅くて捕まるからなど、いろんな説があるようです。

バカマツタケも普通の時期より早く生えてくる、松林と勘違いして雑木林から生えてきたからだという理由でありがたくない名前をいただいてるようですが、逆に言えば松のないところなのに松茸と同じような特徴を備えた奇跡的な存在とも言えるのではないでしょうか?

バカマツタケの人工栽培技術は本物の松茸にも応用できるそうですが、もしそうなればこちらも安価に出回るような気がします。そのうち松茸シイタケ並みの額で売られる日が来るのでしょうか??

人間が何に価値をつけるかって、本当に微妙なところですよね…。

きのこ山たけのこ里 なぜすぎのこ村は消えたのか&復刻版はある?

 

 

 - 未分類 , , , , , , , ,