チェ・ダビンは可愛い顔だけどハーフではない理由 父親は誰か調査

   

Pocket

チェダビン選手、フィギュアの妖精と呼ばれる可愛い容姿

フィギュアの妖精とも呼ばれるチェ・ダビン選手。今まで日本での知名度はそんなに広くなかったようですが、今回の平昌オリンピックで有名になってきているような気がします。

自己ベストを更新して「満足した演技ができて涙が出た」とコメントしているとのことですが、そんなひたむきな姿も可愛いですよね。

オリンピックは順位が付けられますが、実のところ他の選手と競っているというよりは、過去の自分を超えようと努力している人たちが競い合って、総合的に記録が更新され続けていくのではないでしょうか。

まあ、そうはいっても順位が気になってしまうものですが、選手の個人的なドラマがあるからこそ話題性があって盛り上がるのでしょうね。きっと順位だけだったら味気ないものになるんじゃないかしら。

チェ・ダビン選手も2017年にお母さんが旅立たれたとのことで、まだ悲しみは忘れられるものではないはずですが、申恵淑コーチに励まされたということもあり、彼女の心は温かさに支えられて頑張ってこれたのだと思います。

 

Sponsored Link

可愛い容姿はハーフなのではという噂もあったが

そんなチェ・ダビン選手は、かわいらしい顔をしているのでハーフではないかという噂があったようですが、お母さんはキム・ジャング・ソックという名前の韓国の方だそうです。

ざっと調べた限りではここまでだったので、お父さんのことも気になりましたが、見事に何も情報がありませんでした。

けれど、お母さんが他界されているということであれば、お父さんが支えになっている部分もあるだろうかと思います。いずれにせよ、こんなきれいなスケート選手の娘さんがいたら、父親として嬉しいのではないでしょうか(笑)

余談ですが、今回の彼女のショートプログラムの曲は「パパ、見守っていてください」というタイトルです。

きっと、チェ・ダビン選手のお父さんも、会場のどこかで熱く見守っているのでしょうね。

チェ・ダビン

チェ・ダビン選手の父親の名前は

しかし、もう少し粘って調べていきました。

すると「Choi Jang-woong チェ・ダビンの父」と名前だけですが…韓国名がでてきました。

チェ… はわかりますが、そのあとなんて読むのでしょうか?もっと勉強が必要ですね。でも、チェ・ダビンと同じ「チェ」がついているので、親子であるのは間違いないですね。

お母さんの名前はキムなので、韓国は夫婦別姓なのでしょうか?ちょっとその辺は謎ですが、とりあえずハーフでないということは間違いなさそうです。

とはいっても、祖父母やその前の代でほかの国の人がいたということもあるので、そう考えるといろんな可能性はありますよね。

 

Sponsored Link

 

どんどん可愛くなっていくチェ・ダビン選手

そんなわけでチェ・ダビン選手がひときわ可愛いのでこのような話題が流れていたようですが、他にも整形しているのか?など容姿のことについてはあれこれ噂されていたようです。

本当の所、整形もしていないらしいですが、確かに数年前の写真を見ると、地味な顔をしていたなという印象はあります。でも、それも清楚な感じでまた別の良さがありました。

さらに考えてみると、日本のアイドルとか女優さんだって、テレビに出ている時点ではすごくきれいだけど、デビュー前とか中学、高校時代のアルバムなんかを見ると普通っぽかったりとか、地味~だったりして別人みたいなことが多いですよね。

さらに雑誌でハーフ顔メイクなんていうのも見たことがあるので、今はメイクでいろんな顔が出来ちゃう時代なんですよね。

もちろん、テレビに出たり大勢の人と接することが多い場合、本人が人前に出ていくうちに、見られるという意識が強くなってキレイになっていたっていう要素も外せません。

フィギュアスケートの選手だったら、なおさら顔だけでなく全身に優雅さや可憐さをまとうようになると思います。

演技の時や普段はクールな表情をしているのに、羽生結弦選手にだけは恋する乙女な顔を見せたり、

キムヨナ選手に幼稚園のころから見てきて愛着を持たれているということもあり、これからも彼女には注目が集まりそうですね。

どう活躍していくのか楽しみです。

 - 未分類 , , , , , , ,