小平奈緒「金メダルは名誉でも生き方が大事」から優勝に繋がる人柄を考察

   

Pocket

小平奈緒「生き方が大事」の深い意味

平昌五輪のスピードスケート女子500メートル、素晴らしいレースでしたね。

小平奈緒選手と李相花選手の友情のシーンに、心が温かくなるのを感じました。

ああいう場面を見ると、人間って素敵だ~なんて素直に感動してしまいます。それから観客の人たちの熱い声援も、聞いているだけでぐっときます。

オリンピックを今までそれほど真剣に見ていなかった私ですが、こういうドラマがあると知って今度からはもう少しチェックしようと思うのでした。

さて、金メダルを獲得された小平選手が記者会見で話した内容に「金メダルをもらうのは名誉だけどどういう人生を生きていくかが大事。」というようなことがありました。

先の場面を見ても、この言葉を発した選手の深い思いが込められているように感じたので、彼女の「生き方」から何かが学べるのではないかと思って、人柄やエピソードから考えてみることにしました。

 

Sponsored Link

人との出会いに恵まれた人生

小平選手の今までの経歴を調べてみると、とても「人」に恵まれていたという印象があります。相澤病院で採用してくれたというのも、理事長や事務局長が彼女のコーチの依頼を受けてのことだったようです。

それに留学した先のオランダでも、たくさんの人たちから暖かい声をかけてもらっていたそうです。

そして、こういった外部の人たちの応援を受けられたのは、もちろん彼女が一生懸命で、真剣で応援したくなるような存在だったからだと思います。優しさを受けとることが得意なのでしょうね。

「受け取り上手」という言葉がありますが、彼女の場合は優しさや愛情を受取って、それをまた相手の人や誰かに渡す。そんなプラスの循環がうまくいっていたのではないかなと思うのです。

もちろん、結果が出ないときに落ち込んだりしたこともあったようですが、そういう時も多分自棄になったり嫉妬をしたりというのは少なかったのではないかな、と感じます。それは競技に対する姿勢からもうかがえます。

小平奈緒

人から応援される要素、自然と愛される秘密は何だろう

やはり、選手も観客側も一般的には、「メダル、順位、記録」などが先に走り勝ちではないでしょうか。

金だった、銀だった…。もちろんそれは重要ですよね。それがなくなったらオリンピックの意味があるんだろうかっていうくらい、不可欠要素だと思います。ただし、選手がもしそれに執着しすぎてしまう場合、ネガティブなものとなってしまうかもしれません。

そうはいってもやっぱり、気になってしまうのが人間でなんですが。

ところが小平選手は、順位とかメダルなどに激しいこだわりはなかったようです。そりゃ取れたらいいとは思ったでしょうけど、どちらかというとそれは自分の名誉ではなく、応援してくれたみんなと分かち合いたいみたいな感覚だったと思うのです。

目に見える勝ち負けも大事だけど、自分自身との闘いっていちばんその人の力が発揮できるのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

人柄や生き方は金メダルにつながった

小平選手のメンタルって、スポーツする人だけではなく誰にでも見習うところがあると思います。

対戦相手といえどもレスペクトできる感性は、まず自分自身を大切に思っていないとできないことです。

自分を大切にするっていうと、どこか他人を押しのけるというイメージがありますが、そうではなく自分も他人も大切な存在。という感覚で生きることが出来ているかどうかです。これは簡単なようでいてけっこう難しいことなのです。

こういう人柄をどうやって身につけたのか?正確にはわかりませんが、家族の存在が大きかったようです。ご両親は、スケートのことには立ち入らず、いつでも彼女の意思を尊重していたとのこと。お姉さんたちとも仲良くやっていたようです。

こういった家庭の雰囲気はとても大事で、存在や意思を大切にされていることが、彼女も自分や他人を大切にしようという感性を無意識に身に着けたと思われます。

逆もしかりで、もし家族との関係がゆがんでいたりすると、他の人たちともあのように爽やかな関係は築けないのではないでしょうか。

爽やかな関係があれば、そこに他人へのネガティブな感情や敵対心などを持たないで済むので、自分の目標に対してメンタルをクリーンな状態で臨むことができるのです。それが、金メダルという成功につながったのではと推測しています。

もちろんケースバイケースだと思うので一概には言えませんが、そういう可能性はとても高いです。

最後に、アニメとオリンピックを一緒にしていいものだろうかと戸惑いながらも、一個人の意見として思ったのですが、

小平選手って、なんかドラゴンボールの孫悟空っぽくないですか?あ、容姿とかではなくメンタル的な部分ですよ。もちろん。

ライバルにも温かく、ベジータみたいにギラギラと相手をライバル視するわけでもなく、ひたすら自分に挑んでる最強な感じが、共通してるなーと思いました。でも私はベジータも好きなんですけどね(笑)

 

 

 - 未分類 , , , , , , , ,