性格が内気で学力が高い生徒が少ない理由は?塾講師の言葉を心理的分析

   

Pocket

塾のテストで一桁台の点数を取るお子さんにお勧めするのは…

先日、塾の先生とお話しする機会がありました。

その何気ない会話の中で、けっこう意味深なコメントがあったのでちょっと気になりました。

塾に通う中学生は1学期に数回テストがあるんです。その結果は満点取る生徒さんから一桁台を取る生徒さんまでいろいろ。まあ、全体的に見て、満点も一桁もごくわずかですが、いるにはいます。

満点は置いといて、やっぱりせっかく塾に通っているのにテストで4点とか6点とか取るお子さんについては、正直授業代がもったいないなあと思います。そこは講師も同感とのことで、親御さんにも個別指導がある塾をお勧めする場合もあります。

正直、集団授業だとただ座っているだけで、内容が分からずそこにいる生徒さんもつらいですよね。

 

Sponsored Link

集団授業と個別授業で上げられる偏差値の差

初めにお断りしておきますと、今回私が話した塾講師は割とアクティブで体育会系キャラの先生です。

「おう!元気か~」と、声がでかく、学生時代は気合いと体力で生きてきたんじゃないかなーと思ってます。けど、職業柄単なる筋肉脳ではなく、勉強もできるという文武両道タイプです。

で、先ほどの一桁台のお子さんの話題に戻りますが、個別塾のが良いんじゃないかなぁ?なんて話題になりました。

うちは基本集団授業の塾で、先生も集団を教える方が適しているようですが、だからこそ全くついていけてない結果もテストに現れているのですー。

「あまりわからない子には個別もいいんだけどね~でも、俺も個別で教えてたことあるけど限界がある。どんなに頑張っても個別では偏差値65までしか上げられないんだよね」

いや、先生、そりゃ60ある子を70に上げろっていうならアリだと思うけど、普通のテストで複数の科目一桁台を取っていた子供の偏差値だったら、55でも十分過ぎます。

そこまで求めてないよー!

もちろん、この先生の価値観なので、世の中に個別授業でも偏差値70以上まで上げられるスペシャル講師は存在すると思います。

なので、まとめると

偏差値50以下〜の生徒さんには個別が効果あり。速すぎてついていけない。

偏差値50〜60 人による。

偏差値60以上 集団のが伸びる。もともと基本はわかっていて、さらに磨きをかけていく状態。

番外編  あまりにもずば抜けて出来ているので、高成績の集団の中にいても物足りない。こういう生徒さんは滅多にいないと思いますが、この子に見合う個別の講師が必要になるかもしれないですね。しかし、先生もそんじょそこらにはいない、いたとしても高額になるのが難しところです…。

すべてがこのケースではないかもしれませんが、多くはこの図式に当てはまるんじゃないでしょうか?

学力

「性格が内気で学力が高い生徒は少ない」という塾講師の言葉

先ほどのやり取りの後、先生は「性格が内気で学力が高い生徒は少ないんだよね~」と言っていました。

もちろんこれも傾向であって、中には内気でものすごくできる子だっているし、その逆もありかと思います。

注目すべきはこの先生自身の性格との相性です。

体育会系で学生時代も活発だった彼のところへは、同じように何人かでつるんでる生徒の方が質問に来たりするんですね。逆にシャイな生徒さんはあまり来ません。さっさと帰ってしまいますね。

すると、標準より上のクラスにいても、静かに授業に来て終わったらすぐ帰るだけの生徒さんよりは、塾の友達と質問の出しっこなどでプラスアルファの知識を身につけた方が、やはり学力は上がりやすいです。

また、学力が評価されるのは単に勉強ができるということだけにとどまりません。

選考って決め手はもちろんテストですが、特に公立の場合、内申書のポイントもかなり加味されています。これに高校のランクが関わってきているのです。

内申点というのは学校の通知表に書かれてる、成績や校内活動を頑張ったことなどですね。

もし部活や生徒会で部長や会長をやっていれば、それだけ内申点が上がります。リーダーになるには積極性や人望が問われるので、そこでも外交的な性格は有利になるのかもしれません。

あと、検定なども加点の対象になります。中学生は英検、漢検、数検がメジャーですね。

検定も、単独でうけるより友達と受けたり、また先生に声をかけられたりと、周りがきっかけになることも多いです。そして検定に受かるには必然的に勉強しますからね。

もし、学校や塾をさっさと帰ってしまったり、周囲とコミュニケーションを取らない生徒さんだと、必然的に受験する機会に触れることは減るでしょう。

以上のことからトータルで考えると、やはり講師の言う「学力の高さと内気さ」はけっこう当たっているかもしれません。

 

Sponsored Link

内気な子だってチャンスはあるよ!シャイになる原因は?

実は、私はどっちかっていうと従来の「元気よく積極的に」系の人間ではありません。

どっちかっていうと上にあげた、学校が終わるとさっさと帰るような生徒でした。

家に一人でずっと引きこもっていてもわりと平気です。

なので、その考えで行くと私のような人間はこの世界で生きていけないではないか!とまで考えてしまったんですね(笑)実際学力も高くなかったです。

 

しかし、私の場合は塾を何校か回っていますが、中には講師自体がおっとりしてる人もいます。

集団塾でついていけないお子さんの中には、元気の良すぎる先生の声がしんどいと言う子もいます。

先生は先生で、大きい声で話さないとみんなに聞こえないですからね。人前で指されて答えるのが苦痛な子もいます。

また、休憩時間の生徒たちの賑やかすぎる空気がしんどいとか。

それは学校でも同じなんですが、昨今そういうことに敏感なお子さんも以前より増えてきてます。

けど、みんなで一斉に同じことをできるべきという理念のある学校や塾では、彼らは現段階であまり理解されません。わがままとか消極的ということで、協調性や積極性を促されます。

 

その場合、せめて塾に通うならば相性の合う先生がいる個人塾の方が断然良いと思います。

人って視覚や声や体臭(笑)、暑い寒いなどの体感以外にも、五感で感知しない部分でいろんなものを出してます。

受け止める側が敏感だと、無意識ですがその領域がざわざわしたいい不安で勉強(仕事)に集中できないって人も結構いるんですね。成績が著しく振るわない場合、そういった理由も考えられます。

そういうお子さんの場合は、みんなと一緒にやるより、不安要素をのぞいて自分がとにかく理解することが先決なのです

 

また、一般的に見たら内気な子でも、特定のことには天才的な能力を持っているお子さんもいます。

満遍なく勉強や運動ができることは1つの能力ですが、逆に凸凹型の場合もそこをうまく引き出し、将来その能力が社会に生かされればいいわけなのです。

そうしたら、今はまだない新しい職業が出てくるかもしれません。今、世間が解決不能なことが、その仕事によって解決されることだってあるかもしれないですね。

(パソコンだって最初はオ◯クが発明したって聞いたことあります)

尚、以上はあくまでも傾向で、例外もあります。

 - 小・中学生学習塾あれこれ話