さくらめろんの絵本と現在のイラストが似てるけど 性格も母そっくり!

      2018/09/06

Pocket

さくらももこの息子さくらめろんって?絵本「おばけの手」とは

漫画家のさくらももこさんの訃報があり、とても驚きました。

まだ53歳でお若かったと聞き、直接関係がない人だとしても残念に思います。私もちびまる子ちゃんは漫画の単行本も読んでいて、雑誌りぼんも楽しみにしている学生時代でした。

また、成人してから海外に行った際も、現地の言葉でアニメのまるちゃんが喋っているのを見て、感動したこともあります。今回さくらさんがおなくなりになったことは、世界のあちこちで惜しまれているのではないでしょうか?

さくらももこさんの作品で一番有名なのはもちろんちびまる子ちゃんだと思いますが、他にも「もものかんづめ」をはじめとしたエッセイ本は有名だし、息子さんとの共著「おばけの手」もありますね。

息子さんは「さくらめろん」さんというペンネームで、幼い頃メロンが大好きだったことからこの名前が付けられたそうです。

絵本「おばけの手」はめろんさんが小学校に上がる頃書いたイラストに、母親のももこさんが仕上げしたもの。

この頃からお母さんの才能を受け継ぎ、絵を描くのが好きだっためろんさんの現在が気になります。

そこで、さくらめろんさんについて調べてみました。

 

Sponsored Link

さくらめろんの父親は宮永正隆 継父はうんのさしみで異父弟がいる?

さくらももこさんはリボンの編集者だった宮永正隆さんと1989年に結婚されました。宮永さんは通称「みーやん」というニックネームで呼ばれていたようです。

その後、1994年に長男のさくらめろんさんが誕生しました。めろんさんの本名は諸説あります。ネットでも

さくらももこの長男の名前はエッセイに書かれてたと思うけど忘れたな 

典がついててノリじゃなくてスケと読む 

~典じゃなかったか

ほうちゃんと言ってたから、ほうすけ?

 

宝石にちなんで「宝典」という名前にしようと思ったが、やめたという噂も。

一番有力なのは、さくらさんの知り合いにとてもいい人がいて、その人と同じ「陽一郎」という名前をつけたという説がネットで出ていました。

ところが1998年に離婚してさくらさんはシングルマザーとなります。

理由は、旦那さんが作品に口出しするようになってきたのが嫌だったとのことだそうです。

また夫の勧めで自虐ネタを描いていたら、実家の家族と不仲になったとも言われています。

たしかにちびまる子ちゃんには毎回家族が登場しますから、家族には世間に知られたくないこともあったんじゃないでしょうか?

元夫の宮永さんはさくらさんの稼いだお金でビートルズ、インド旅行など、好きなことをやってしまったからではないかとも言われていました。

さくらさんもヒッピーやレゲエが好きだったようで、馴れ初めはその辺りの趣味があったのかもしれませんね。

しかし、仕事や生活を通じて不仲になってしまうことも多々あるものです。

 

さくらさんはその後、2003年にイラストレーターのうんのさしみさんと再婚され、2004年にはもう1人お子さんを授かったようです。うんのさんはめろんさんの継父、そして異父弟誕生ということになりますが、下のお子さんに関しては情報がほぼありません。

さらにその後家族について語られていないところを見ると、すでにうんのさしみさんとも別れているなどの噂もありますが、この辺に関しての真相は謎となっています。

現在、さくらめろんさんは24歳。ももこさんは10年ほども闘病を続けていたようなので、励ましたり看病を続けてきたのでしょうね。

 

おばけの手

さくらめろんの絵本画像と現在のイラストが似てる?色使いが…!

さくらめろんさんは現在どのような活動をしているのでしょう?漫画家をしているという説と、していない説に分かれているようで真相がはっきりしないため、調べて見ました。

すると、ツイッターに「さくらめろん」という名前のユーザーがいました。この方とさくらももこさんの息子さんが同一という確定した情報ではないのですが、イラストを描かれていたので気になり、よくみてみました。

 

さくらめろん

とても綺麗な絵です。画力は絵本よりもずっと高いですが、色使いの特徴は共通しているように感じます。

自分がどうして絵に変な色入れ始めたのか、だいたいの時期はわかるのだけど、その辺りの絵を見ても具体的にどの絵からどうして入れ始めたのかが思い出せないのどうして…絶対誰かというか何かの影響なんだけど誰の影響して…

ご自身でも色に関しては思うところがあるようですね。

 

Sponsored Link

さくらめろんは母親と性格が似ている?仕事や趣味も調査

先のツイッターのさくらめろんさんがさくらももこさんの息子さんと仮定して話を進めますが、現在24歳とのことで大学も卒業され、お仕事されているようです。職種は不明ですが、ツイッターでは色々つぶやいています。

 

絵を描くたびにやっぱりなーと思うのだけど、やっぱり、なんでもいいから「絵を描きたい」という趣味があるのではなく、特定の気持ちや想いを「絵で表現したい」という趣味があって描いてるんだよなーぼくは。

こういうのは仕事にできない趣味だなーと思う…

お仕事は絵を描くものではないのかもしれません。

絵が描きたいときってたいていやりたくないことあるときだなと気づいてしまった今日この頃である。最近めっちゃ線画量産できてて嬉しい!!(?)

「ゲームと趣味絵描きと趣味創作と趣味なんやかやだけ頑張ればいい生活」を手に入れたいです!ぶくぶく

さくらめろんさんは、こういった心の声もたまにつぶやきますが、メインはゲームやイラストの内容です。めろんさんは子供の頃からゲーセンで数万円使ったという話もあるくらいなので、そのままゲームを趣味にしていたんだと思います。

そうすると、彼が現在ゲーマーなのも納得がいきますね。

また、めろんさんは社会や会社についてこのようなコメントもされてます。

なんというか世の人は、「他人が、自分と同じ学校に通って自分と同じ先生に習って自分と同じように進学をして自分と同じ部活をして自分と同じバイトを経験して自分と同じ理想を持って自分と同じ就職をした」、って考えを捨てればいいのに。っていろんな人に対して思う。「常識」など世にひとつもない。

やっぱり、かいしゃやしゃかいなんてものは、ばかばかしい。

母親のさくらももこさんも短大卒業後「株式会社ぎょうせい」に入社後2ヶ月で退職勧告を受け、その後漫画家としての道を目指したとか。

私も単行本ちびまる子ちゃんの後ろについている漫画で、作者が会社で居眠りをしていたお話を読んだことがあります。

一般の社会的に見ると合わないかもしれませんが、親子で芸術家気質なのでしょうね。

夢や希望が趣味の方にあるタイプと、仕事の方にあるタイプは、相容れないんだなということだけ学んだ。

ぼくが趣味を仕事にしたくないのも、あくまで「仕事で叶えたい夢がないから」だよなー。趣味にも仕事にも夢がある人が、趣味を仕事にするんだと思う。『自分の作品で+有名になりたい』……とか。

小学校の頃からの謎なんだけどさー、ついにいまでも「しっかりしてて将来性も高い子」扱いされていることが判明したでござる。

現実は小学校の頃から自分に自信がなくやれることだけやれれば成長なんかする気がない、ヒラ&現状維持切望タイプでござる

この辺のギャップを埋めたい。。。期待が重い…

彼が漫画家になったら、締め切りに追われたり期待されるような仕事は負担になるのかもしれません。

ちびまる子ちゃん 作画ミスなぜ起きた?他のアニメや視聴者の声も調査

また、期待というのは、子供の頃から本に登場していたからなのでしょうか…?

さくらめろんさんも、負担のないお仕事でご自身の才能を発揮できたらと思います。

最後に、さくらももこさんのご冥福をお祈りします。

 

 - アーティスト , , , , , , , , , ,