友山祐之助 真由子と結婚が遅れた衝撃の発言!過去の貧乏や性格は?

   

Pocket

友山祐之助 津川雅彦の娘真由子と結婚!馴れ初めが気になる

津川雅彦さんと朝丘雪路さんのひとり娘、真由子さんがご結婚されていたとのことですね。お相手は俳優の友山祐之助さん。

ご両親を失ったばかりの方に祝福の言葉は微妙な気持ちですが、寄り添ってくれる人がいるというのは心強いと思います。

しかも真由子さんとは10年来の交際だったと言います。ただ、当時彼が売れていなかったということで、結婚は許さない雰囲気だったとのこと。

実際、友山さんがどのような方か、知っている人は多くないかも知れません。2000年に放送された大河ドラマ「葵〜徳川三代〜」の脇役や、他にも刑事ドラマの脇役などに出ていたようです。

基本的には舞台出演の方が多いとのことですが、真由子さんと交際していながらあまり知名度がなかったことや、父親の津川雅彦さんに「娘がだまされて利用されているのでは」「娘の交際相手は好きになれない」と思われてしまうような人柄なのか?

色々気になったので人柄を中心に調べてみました。

 

Sponsored Link

友山祐之助 結婚が遅れた原因は?父親の溺愛だけじゃない衝撃の発言!

友山祐之助さんは、2007年頃に所属するユニットN・A・Sでブログの記事をたくさん書いていました。

読むと非常に自己分析していて、自分語りも多い印象を受けました。なので人柄がわかりやすいのですが、謙虚なのか自信のない発言もたまに…。

真由子さんとの結婚は、津川雅彦さんの反対が原因と言われますが、もしかしたら彼の趣向にも原因があるのでは?と思うような発言(書き込み)がありました。こちらです。

そこで!今日考えたのは、何事もうまくいかないから、そこにやり甲斐、楽しみを感じるんだと思いました。

これってあらゆる『事』に対して共通して言える事ですよね(^o^;

そこに挫折感、悔しさ、怒り、歓喜、焦り、苦しさ、この他沢山の感情が生まれるから面白い。

僕は飽き易い質なんで特にそうですね。物事うまくいっちゃダメなんです。そこに障害がなければダメなんです。簡単に手に入っちゃダメ。

勿論、乗り越えた向こうにはお金では買えない財産、感動があるし。ん~実に毎日が楽しい(´∀`)

でもこれって自己満の世界かも・・・(-_-;)普通は自らそんな苦労を求めないですよね。僕も避けられるもんなら避けたいです(笑)

もしかして、奥さんも簡単に手に入らないような設定にしてたのでしょうか?もちろん表面的には結婚したいと思っていたでしょうし、最後のコメントからして、本人的にもうまくいかなくて落ち込んだこともあったと思うのです。

今はやっと念願の人と結婚して感動していることと思いますが、もう少し早ければ真由子さんもお父さんにウェディング姿を見せることができたのに、さらに早ければ孫も…。

たらればで言ってもこればかりは仕方ないですが、そのぶん、末永く奥さんを大切にして欲しいところです。

友山祐之助

友山祐之助の過去の貧乏生活…電話が止められ週数百円の生活

もしかしたら、このような深層意識が働いていて仕事も振るわなかったのかも知れません。

2007年頃のブログには、かなりの貧乏生活を送っていたことも書かれていました。

当時はスマホでなく携帯電話だった時代ですが、それが止められて一時ブログが書けなかったようです。プリンスホテルのベルボーイのバイトを掛け持ちしていたそうですが、役者や舞台練習をしていて仕事がないとお金がかさむばかりになってしまうんでしょうね。

思えばこの3月はどん底の一月でした。この波紋がいつまで響くのか見物です(^o^;向こう数週間、毎週数百円で過ごさなきゃならないんですから…

はぁ・・・なんとか切り抜けなきゃ(・_・;)

とはいえ、この体験もちょっと楽しんでいたようです。ただ、津川さんからしたらこの状況の男性のところへ娘を嫁に行かせられない気持ちは理解できます。

もちろん10年も前のことだし、現在は状況も変わっていると思います。

この先、真由子さんの旦那さんということで知名度も上がり、実力が発揮されるのではないでしょうか?これからの活躍に期待です。

 

イケメンだけど体格は?5度の改名の原因はブレやすい性格

友野祐之助さんは、写真などを見るとなかなかのイケメンです。

10年ほど前になりますが、30代半ばで高校生の役を演じたそうです(上の写真)

今のドラマでも19歳で中学生役とかありますが、こちらはそのギャップをはるかに上回っていますね。

昔から細い体にコンプレックスを持っていた僕は、ウエイトをやって少しでも太く、いい体格でいようとしていたのですが・・・(それでも元々が骨細なのでムキムキになる事はない、なろうともしないけど(^o^;)、

今回18才の役をやるにあたり役の割に体格が良いと言うのがあり、“特有の姿勢を正すクセ”を払拭するのに一苦労だった?

幸い少し前から体を壊していたのもあり、筋トレのインターバルを長くしていたんだけど、稽古初めから筋トレを完全に止める。初日までには何とかヒョロヒョロ感を出せたのかな・・・?

今後はやり過ぎないように要注意!!('◇')ゞ

その前に高校生役はもうニ度とやる事はないでしょう(^o^;(笑)

細い体でコンプレックスと言ってますが、少女漫画や学園ドラマって線が細くて細面のイケメン多いですよね。もっと自信持っても良さそうですが、そうなれないものがあるのでしょうか。

それは、過去の改名からも伺えました。友山さんはなんと

紗山裕之助→左山裕之助→友山裕之助→友山瑛之為→友山裕之助

と、5回も芸名を改名していました。

4度目の「瑛之為」は霊媒師の先生が滝に打たれてつけてくれたそうですが、その名前を事務所の社長に祐之助に戻すべきだと言われたからだそう。

と言うのは『裕之助』の方が慣れている上、みんなその名前で呼び慣れているか

ら今さら…だそうです。

はぁ…困った(;´Д`)

いつも僕は板挟み(・_・;)性格上仕方がないのかな…。友達に言ったらすぐに揺れ動くようじゃダメだと。確かにその通りです(-人-)

もーすぐに感化され易いんですよ。自分でも困っています┐('~`;)┌

1~3回目まではどんな経緯かわかりませんが、心情が関係してたのかもしれないですね。

奥さんの真由子さんは、能力も自信もあってしっかりしているので、もしかしたら女性が強いタイプの夫婦なのかもしれません。

彼女がいれば友山さんがこれ以上ブレることもなさそうです。現在は津川さんにも娘の夫として認められたほどになっているので大丈夫そうですね。

夫婦おたがいに助け合って幸せな家庭を作ってほしいですね。

 

 - 未分類 , , , , ,