セミがいなくなったらどうなる?捕獲禁止の意味や食用がヤバイ理由とは?

   

Pocket

川口市の公園看板にセミの幼虫を食用目的で捕獲禁止と警告

埼玉県川口市の公園に、

食用を目的としたセミの幼虫などの捕獲はやめてください

という看板が立てられてましたね。なんでも苦情があっての対応だったそうです。

私は実際こういう看板を見たことないですが、もし見たらやっぱり気になりますね。

けど、もしセミ食べろとおススメされても遠慮すると思います。

まあ、食の好みは人それぞれなので、セミを食すること自体いいとも悪いとも思わないですが、どうやって料理するのかは気になります。

ちょっと調べてみたら、湯がいて素揚げにしたり、イナゴの佃煮みたいにして食べるとおいしいそうです。

しかし、いくらおいしいと言われても、栄養価が高いと言われても、じゃあ食べましょうかと思えない自分はいかに「価値観」というものを無意識に刻み込んでいるかがよくわかりました。

もし子供の頃から周囲が普通に虫を食している環境で、スーパーにタコやエビのようにに陳列されてれば、抵抗なく食べられると思います。

逆に納豆のように臭いがきついものでも、昔から食べなれているんでどうってことないですが、あれがもし、今初めて出されたら遠慮します。

話がズレましたが、わざわざ「セミの幼虫捕獲ダメ」看板立てることについて、ネットがざわついてました。

正直、セミを採って食べることでそんな迷惑になるのかな?と気になったので掘り下げてみることにします。

 

Sponsored Link

 

一体誰が採っているのか?捕獲禁止の意味は?問題は意外なところに

セミを採っている人が誰なのか?

散歩した人はその姿を直接見たことがないといいますが、夜中にやっているんでしょうか?

成虫ではなく幼虫なので、土を掘り返して採るんでしょうね。

セミは地中で7年も過ごしたわりに、成虫になったら7日しか生きられないと聞いたことがあるので、出ようとしたところを食べられてしまうのは気の毒だと思います。

話を戻して、立札は日本語と英語と中国語で立てられていたので、セミを採っているのは外国の人の可能性もあるという前提だと思います。

しかし、

カメ吾郎の影響じゃね? 俺も動画見てセミの幼虫うまそうだったから取りに行ったけど結局食えなかったわ

生物系の大学生で昆虫食に挑戦中です。

というコメントもあるように、国内でも趣味や研究で虫を食す人はいるようです。また、

食べるのなら闇雲に命を奪ってるわけじゃないんだし別にいいのでは

たしかに、食用なら子供が遊び半分に虫を採って命を無駄にするよりいいのでは?という意見もありました。
市では子供の昆虫採集を禁止することはしないようですが、この辺は意見が分かれますね。

実的に考えて、昨今熱中症の危険が呼びかけられるほど暑いので、セミを採集に来るお子さんは少ないと思いますし、セミ採りよりスマホゲームに夢中なんじゃないでしょうか…。

また、誰が採っているかというよりは、こちらの方が問題になっているようです。

公園を勝手にほじくり返して植木とか滅茶苦茶にしてるんだよ

ペットボトルいっぱいの幼虫というくらいだからほじくり返したのも相当の範囲だったのでしょう。地面はモグラ大量発生状態だったのかもしれないですね。それなら苦情もうなづけるものがあります。

食用がダメなんじゃなくて、地中を掘り返すのがダメなんじゃないでしょうか?あの立て札だとちょっとわかりづらいですね。けど苦情がなくなったから結果オーライですね。

セミ幼虫捕獲禁止

セミがいなくなったらどうなるの?

苦情を言った人は公園が穴だらけで散らかっていた、植木がひどいことになってた。という理由だと思いますが、実際セミがいなくなったらどうなるのでしょう?

知恵袋にはちゃんと回答してくれてる人がいました。

セミを捕食する動物(鳥類、肉食性の昆虫など)の餌が減り、それらの動物の数が減ってしまうかもしれません。また、それらの動物がセミ以外の生物を以前より多く食べることになるため、セミ以外の昆虫や小動物も減少するかもしれません。
そうなれば、元からセミ以外の昆虫や小動物だけしか捕食しないような動物にも影響が出そうです。さらに、生態系内でより上位の猛禽類などの高次捕食者にも影響が出そうです。

役場の立札はそこまで考えて立てられていたか疑問ですが、この話題から生態系のことを考えるいい機会になるかもしれません。

まあ、生態系が狂うほどセミ料理がブームになることは、日本の既存の食の価値観だと考えにくいですが…。

あと、セミがうるさいから少し減ってもいいんだけど…。という正直な意見もありました。確かに夏のひと時ならいいけど、もしあの声が一年中聞こえてきたら害虫認定されるかもしれませんね。

 

Sponsored Link

セミを食用にするのがヤバイというのはこんな理由も…。

私は、迷惑のない程度にセミや幼虫を食すのは個人の自由だと思うのですが、それにしても気をつけた方がいいという部分もあるようです。

以下、セミを食すネットコミュニティで見つけたコメントです。

原発事故後の放射能の影響をセミの幼虫は受けていると思いますか?自分は事故後もう6年も過ぎてるので、大丈夫だとは思っているのですが…

このような質問に対して

植物は種によって差はあれど放射線物質を吸い上げる傾向あるようだし、セミは樹液を吸っている上、地中で6年くらい成長を続けて成虫になる訳で。
まさに生まれて直後から吸い続けているものが昨年や今年あたりに成虫になる頃ですから、無害なレベルかどうかは専門家の計測結果を聞いてからにしたいところです。
私も震災翌年には福島へ行きましたが、濃度差も場所にかなり差がありました。
あまり気にしないほうですが、さすがに6年生きて食用になる昆虫となると例が少ないので、自分だったら何かの数字が見えない限りは敬遠すると思います。

そう考えるとセミは場所によっては地雷になりかねないので、もし食べるのであれば当時からずっと数値の低いエリアを探してその辺りで採った幼虫だけにするのが良いのではないかと。土の中で大移動はしませんからね。
そのへんをはっきりさせておかないと、食べたことでの周囲からの反応もかなり変わると思いますので、食べる食べないは慎重にされると良いと思います。

埼玉県のセミはどうだかわかりませんが、すっかり忘れられていた放射線の影響もちょっと気になります。あの騒ぎがあった時から地中に埋まっていたんですよね(汗)

生態系や公園荒らしも問題ですが、もし高濃度放射線のセミを知らずに食べてしまっていたら、こっちのがヤバイ気がします。

立札からこんなところに行き着くとは思いもしなかったのですが、セミや放射線に限らず個人でなにかを採取して食べるときは安全に気をつけたほうがいいのかもしれません。キノコなんかも!

バカマツタケの値段や松茸との違い、おかしな名前の由来を調査

 

 - 未分類