東京医大入試 女子減点の理由や発覚した経緯 偏差値を他大学と比較

      2018/08/05

Pocket

東京医大の入試で女子のみ減点されてたと発覚…

東京医大の入試で女子の受験者だけ一律減点されてたという事実が発覚しましたね。

今年は日大アメフトの事件やらレスリングのパワハラなど、今まで隠蔽されてたものがどんどん剥がれてくるような気がしてなりません。

東京医大は、佐野君という生徒の裏口入学があったりで何かと話題がつきませんね。

女子の減点に関しては関係者も「必要悪」とコメントし、暗黙の了解であると悪びれないようですが、当然ですが女子受験者や女医からは不満の声が上がっているようです。

不合格だった人の中には、地方から飛行機や新幹線で出てきて、宿泊して受験した人もいると思います。そして受験の費用は約6万円とも言われています。総額にすると10万円くらいかかっています。

後からこれを知ったら、とても悔しいですよね。せめて初めからこの条件を知っていたら気持ちは違っていたかもしれません。

 

Sponsored Link

男女差の理由は?女性は出産で離職率が多く、緊急時に弱いから…

気になるのは、女性だけハードルを上げているということですよね。

例えば100点満点のテストで、80点が合格ラインだったとします。女子が5点減点されるとして、男子が80点ギリギリで合格していても、84点の女子は79点扱いで不合格になってしまう。ということになります。

自分は落ちたのに、もっと低い点数を取った人が、全くテストの実力と関係ないところで合格していたら悔しいものがありますね。

一方、大学の関係者の「必要悪」も、結果的にみると納得するような理由です。読売新聞には男女差の理由をこのように書いてありました。

同大出身の女性医師が結婚や出産で離職すれば、系列病院の医師が不足する恐れがあることが背景にあったとされる。

 

10年の医学科の一般入試で女子の合格者数が69人と全体(181人)の38%に達したためだ。医師の国家試験に合格した同大出身者の大半は、系列の病院で働くことになる。緊急の手術が多く勤務体系が不規則な外科では、女性医師は敬遠されがちで、「女3人で男1人分」との言葉もささやかれているという。

女性に妊娠、出産があることは否定できないし、体調や子供のことなどでお休みしたり、緊急出動は無理です。という人が男性に比べると多いのは事実だと思います。

女性の方がテストの点は高いのかもしれませんが、一刻を争う現場のことを考えると、出動しやすい男性を多く採用したいという大学の言い分も正当なように感じてきます。

患者さんの立場で言えば、病院やお医者さんというのは、命を救ってくれる、病気やケガを治してくれる存在です。極端な話、そこがきちんとしてれば男性か女性かというのはあんまり関係がないかもしれません。

(ただ、科によっては絶対女医さんの方がいいという声が多いところもありますから、あんまり女性が少ないのは考え物です)

さて、この件に関して怒りの声は収まらないようです。これに関しては単に男女差別というより、今まで世の中が隠ぺい体質で、「表向きはこうですが、実は裏側で操作されていました」というケースが多かったことも原因なんじゃないかと思います。

もしあらかじめ「男性枠2 対 女性枠1」 といった感じで枠を決めていれば、ここまでにはならなかったのでは?という声も上がっていました。

他に、女性の人数を限定したいのであれば、男性に解きやすい問題形式にすればよいなどの意見もありました。一般的に言って、理数のマニアックな問題は男性の方が強かったりしますし、現実的にそのような問題を出題しているところもあるそうです。

 

女医

女子の減点が発覚した経緯は?裏口入学事件も関係?

さて、今まで一般的には知られていなかった女子だけ減点、2011年から継続してこの方式をとっていたようですが、なんで今さら発覚したのでしょうね?

文部科学省の佐野太氏が、2018年の東京医科大学で自分の息子を裏口入学させたことが広まり、その調査の過程で公になったそうです。

これは大学受験生の佐野氏の息子さんが、セブ島で遊んでることをツイートしてしまったのがきっかけだったとのこと。受験前の大事な時期に勉強してないことや、すでに入学決定したようなコメントがされていたのも、疑われる要素になってしまっていました。

ある意味、無防備だったかもしれません。彼がもし医師になったら、診断を改ざんするような悪知恵も働かないかもしれませんが、裏口をやらないと入学できなかった学力だとしたら、医師自体がちょっと難しいところでしょう。

しかも、裏口は佐野君だけではなく、毎年10人くらいいたらしいです。ということは、そのしわ寄せで入れなくなる人もいたっていうことでしょうか。

裏口入学のせいで入学できない人が絶対出てくるわけだけども、その分を女性に回しているってことでは

このような推測もありました。

医師には体力とか、空間認識能力とかいろんな要素が要求されますから、ペーパーテストだけで適性を決めることはどうなのかなという気もします。

他の要素もテストに加えれば、女子だけ減点とか裏口など、妙なことをしなくてもよさそうですし、逆にペーパーテスト以外の所で重宝する人が出てくるかもしれないですね。

親が医者になれっていうから、裏口でなりました…。みたいなお医者さんにかかるのは怖いです…。これは「お医者さんはすごい、尊敬されるし儲かる」ということが過剰な風潮もあるんじゃないでしょうか?

もちろん大部分のお医者さんはそんなことでなったわけじゃないと思いますが…。

 

Sponsored Link

東京医大医学部の偏差値や学費は?他大学と比較も

東京医科大学以外でもこういったケースがあるのでしょうか?大学入試には全くかかわらないので一般人にはわかりませんが、医大関係の間では、医大が男子学生を優遇しているのは常識なのだそうです。表に出て来たら困る常識ってなんでしょうね。

きっと、そういうのは他業界にもあると思いますが、あんまり気持ちのいいものではないような気がします。

ところで、東京医大医学部に偏差値はどのくらいなのでしょう?大学情報のサイトで調べて見たところ、66.5となっており、日本の医科大学では45位で札幌歯科大学、弘前大学と並ぶようです。

因みに1位は東京大学で76.8、2位は京都大学で75.8、3位は大阪大学の73.3でした。全て医学部のランキングです。偏差値66でもとてもハイレベルだと思いますが、70を超えるって恐ろしいものがあります。世の中には頭のいい人がどれだけいるのでしょうね…。

また、6年間にかかる費用ですが、国立は一律350万ほどですが、私立になると2000万以上のところが多いようです。

東京医科大学も私立ですが、2987万ほどかかるようです。私立の中でも高い方でしょうね…。これだけのお金をかけても子供を医師にしたいと思う人がたくさんいるというのだから、子供への期待が凄いのでしょうね。

庶民の感覚ではピンとこないですが、とにかくお医者さんは腕の良さや安心できることが第1だと思いますね。

 

 - 未分類 , , , , , , , , , ,