生田悦子の若い頃 美人だけど性格は…悲惨な生い立ちや夫と別居なぜ?

      2018/07/18

Pocket

生田悦子が虚血性心不全で逝去…闘病との関係は?

女優の生田悦子さんが虚血性心不全で倒れ、そのまま病院に搬送されたものの帰らぬ人なってしまったとのことです。

前の晩までいつも通りに過ごしていたのに、突然のことだったそうですね。

生田さんは10年以上前「徹子の部屋」に出演した際、40代の頃から「更年期うつ」を患い闘病していたことを告白されていました。体の節々が痛くなったりして、めまいなどの不調も起こされれていたとのこと。

体の調子が悪くなると気分も塞ぎがちになり、そこから更年期うつに悪化してしまったようです。

しかし、最近では症状は改善していたそうで、今回のこととは直接関係がないようです。

白髪になっても上品な雰囲気の美しい方だったので、とても残念です。

 

Sponsored Link

生田悦子の若い頃がとても美人!けど性格は?

生田悦子さんは若い頃からとても美人でした。

現代ほどにクオリティの高いメイクもなかった昭和の時代に、はっと目を引くようなルックスをしていたので、本当にきれいな顔立ちをしていたんだと思います。

1963年に準ミス平凡に入選してモデルとして活躍を始めたとのこと。松竹へ入社して映画「命果てるまで」、「ええじゃないか」「白昼堂々」などに出演されました。1978年に放送していたドラマ「白い巨塔」の時も色香を漂わせていたようです。

また、1982年には欽本さんの「よい子悪い子普通の子」に出演されていたことで有名です。

若い頃の評判は「爽やか」「美人の基本形みたい」「綺麗な人」「上品」と、かなり好感度が高かったようです。

 

しかし逆に性格の方は悪そうなんて言われていました。が、これは「あかんたれ」というドラマで悪女を演じていた役柄によるものかもしれません。

また、性格は悪いというよりは潔癖っぽい、きりっとした雰囲気がちょっと冷たい印象を与えていたのかもしれません。

まあ、昔から顔が美しい人は性格が悪いんじゃないか?などと嫉妬交じりにささやかれたりするものです。

実際生田さんはさばさばした性格だったようですが、そういうのも目上の人からすると「生意気」と感じられるのかもしれませんね。

生田悦子 若い頃

 

悲惨な生い立ちがあった?

生田悦子さんには悲惨な生い立ちがあったようです。

父親は歯科医、母親が18歳の時の子でした。

両親はしばしば激しく夫婦喧嘩をしていたとのこと。その腹いせに母親は東京に遊びに行ってしまって、幼い生田さんは一人博多駅に置いてきぼりになったそうです。

7歳の時に両親が離婚し、母方の祖父母に引き取られたようですが、このことがあってからそれまで明るかった生田さんは引きこもりがちになってしまったそうです。

また、学校でいじめられても祖父母には秘密にしていたとのこと。

今から約20年前「生田悦子のオシャレ指編み」という編み物の本を出されましたが、生田さんは幼稚園の頃から編み物が得意だったとのこと。

きっとつらい時も、編み物が傷ついた心を癒してくれたのではないでしょうか?

 

家を出ていったお母さんは、生田さんが中学校の頃に帰ってきて高級クラブを始めたそうです。そして、セーラー服でお母さんのお店を手伝ったとのこと。

きっと、当時「美少女がいる店」って噂になってたと思うんですよね。

これが現代ならネットで拡散されて「美少女がいるお店」的な人気になっていそうです。しかしどうなんでしょう?

経営者の娘とはいえ中学生がクラブで働いてるのって、多分アウトのような気もしますが…。

また、生田さんはモデルになってからも、風呂なしのアパートに住んで母親に仕送りをしていたそうです。なんか、律儀すぎて切ないですね。

 

Sponsored Link

夫との馴れ初めや別居、子供は?

美人な生田悦子さんですが、旦那さんと結婚したのはなんと58歳。お相手は村田陽一さんという実業家の方だそうです。

馴れ初めについては明らかになってはいませんが、彼は芸能レポータの石川敏夫さんと友達だったそうですから、芸能人や実業家などが集まる社交の場での出会いだった可能性も高いですね。

生田さんはこれが初婚であるためお子さんはいないようです。結婚した理由は人肌が恋しかった、家庭が欲しかった…とコメントしてたそうです。訳ありな生い立ちを過ごしてきた彼女にとって、家族っていうのは一つの夢の形だったんでしょうね。

また、結婚後一度は旦那さんと別居もしていたそうです。不仲が理由だったかどうかは明かされていませんが、更年期うつで性格が不安定になってしまったことなども関係しているのかもしれませんね。

とはいえ別居は一時的なことだったようで、最期は旦那さんと一緒に住んでいたのだから愛情は変わらずに存在していたのだと思います。

まだ71歳という年齢で本当に突然の訃報でした。生田さんのご冥福をお祈りいたします。

 - 未分類 , , , , , , ,