延岡学園バスケの負傷した審判は誰?監督の留学生指導はどうだった?

      2018/06/24

Pocket

延岡学園のバスケ試合で留学生選手が審判を暴行!

長崎県の大村市で行われた高校生バスケの試合で延岡学園の留学生が審判に拳を振りかざしていましたね!

動画を見ましたが、事の前後はともかくとして加害者の留学生と被害者の審判にははっきりとした体格差があって衝撃でした!

 

 

「殴る」って、漫画などで見ていると大したことがないように思いますが、本当に人を倒してしまうことがあるのを目の当たりにして恐ろしいものがあります。

 

Sponsored Link

延岡学園の留学生は誰?と話題になっている。キレた理由は?

ところで、審判に暴行した延岡学園の留学生は誰だったんでしょう?

コンゴ出身の選手だそうです。現段階で2人いる留学生のうちどちらかはっきりしないので名前は出さないことにしますが、16~17歳の高校生少年、身長は2m超えで体重も100㎏に近いので一般的な日本人からするとすごく大柄な体格ということになります。

ひとつ気になるのは、相手のチームにも同じような体格の選手はいたのでしょうか?

もし日本人だけなら延岡学園に彼らがいる時点で試合自体がフェアじゃなさそうですが、私は素人なのでそこはスルーします。

留学生がキレた理由は、ファールを審判から何度も取られてイライラが高じたとのことだそうです。こういうことがあると試合自体が危険なものになってしまいますね。

年齢も高校生なのでまだ大人ではないのもあると思いますが、けが人が出てしまうと若気の至りで済ませられないですね。

バスケ

 

倒れこんで負傷した審判は誰?ケガは大丈夫?

一方、被害者の審判は誰だったのでしょう?名前は不明ですが、周りの人は「先生」と呼んでいたことと、延岡学園のOBだったとの話です。

審判の人は市内の病院へ運ばれて口の中を10針縫うことになったそうですが、意識はあったとのこと。今の所、命に別状があるという情報は入っていないのが救いですが、何事もなく一日でも早く回復されることを願います。

また、「このことでバスケットボールを嫌いにならないで欲しい」とコメントされ、被害届も出さない方向で行くようです。

一番体にもダメージを負った人からこのような言葉が出てくるとは、周囲も複雑ですが、それだけバスケを愛しているか、もしくはご自身も加害者選手とのやり取りの中で何か負い目があったのかもしれません。

けど、このようなことがあるとメンタル的にはかなり折れてしまうと思います。そちらの方が気になりますね。

 

Sponsored Link

延岡学園のバスケ部監督は誰?留学生の教育はどうだったのか?

この件で、延岡学園の方はどのような応対をしているのでしょうか?

「延岡学園の佐々木博之教頭は「ケガをさせた審判員の方や見ていた方々にも不快な思いをさせ大変申し訳ない」とコメントしています。

それから、監督が誰なのかも気になります。

監督は川添裕司さんという方のようです。コーチも兼ねていました。

そして部のマネージャーには川添貫太さんという名前が出ていたので、監督の息子さんの可能性が高いですね。

おそらく2013年頃延岡学園のバスケ部監督に就任され、以下のようなコメントをしていました。

高校での指導経験はないが、全国優勝7度を誇る名門チームの監督に就任した。「どんな道を選んでも大変なことに変わりない。ならば残りの人生を懸け、地元で日本一を目指したくなった」

それまでは鹿児島県徳之島町立東天城中学校のバスケ部監督をしていたそうです。

また、留学生への指導はどうだったのでしょう?今まで中学校、高校とバスケ部の顧問として選手たちには優秀な成績を修めさせていたようです。

なので、他の選手に関しては問題がなかったと思いますが、留学生の選手は日本語が話せず最近は練習も来ないことが多く、帰国したがっていた様子です。

普段から言葉が通じず、うまく指導内容が伝わらないことも多かったのではないでしょうか?選手も10代半ばでエネルギッシュな時期に、思いっきり意思疎通できなかったのはストレスのもとになっていたと思います。

監督の指導よりも言葉のすれ違いなどが原因になっているのかもしれませんね。選手は滞在する国の言葉を覚える努力は必要ですよね。

 

追記…監督は責任とって解任されるそうですね。暴力をしてしまった選手もその後深く反省と謝罪をしていたそうです。人を傷つけることはいけないですが、加害者を責めることよりもそうなってしまった背景には改善すべき問題があったと思います。

事件の留学生も早々に国に帰らせるとの方針ですが、彼のためにも周囲のためにもそれが一番いいような気がします。

 - スポーツ選手 , , , , , , , , , ,