シングルママに聞いた 母1人で3人の子供を大学に行かせた話と心の持ち方

      2018/02/14

Pocket

先日、あるイベントで初対面の女性とお話しする機会がありました。最初は私が「今日はこれから仕事なんですよ。」と話した流れからどういう仕事なのか?という話になり、学習塾ですって答えることになったのです。

するとお相手の方は「うちの末っ子もちょうど大学入試の試験なのよ。」と言っていました。これを聞いた時点で、私は色々な意味ですごいなぁと感じました。まず、私は一般的に言う大学入試を受けていません。だから、受験をすること自体が既にもう、すごいのです。

そして、この感覚で彼女に「難しかったんじゃないですか?」と聞いてみたところ、「いえ、もう3人目だし、本人もまあまあ楽勝みたいなこと言っていたから、そうでもないのよ。」という答えが返ってきました。ええーっ!そういうものなんですかねえ。

次に、私も小学生の息子がいるという話をしました。「そのくらいの頃が可愛いわよね。」なんておっしゃってくださるのですが、こういう話になると私はちょっと慎重になるのです。

「じゃあ、今日はパパとお家でお留守番?」「ええ、そうです。」

うちは子供と私が別に住んでいるので、留守番も何もありません。休日なのでパパと家にいると思いますが。そういう複雑なことをあえてここで言いませんが、話が進んだらどのタイミングで言うべきかなとか考えるんですよね。

今の世の中まだ、通常は両親(特に母親)と子供が一緒にいるっていう前提で流れているようなので、その普通な空気に対してちょっと肩身が狭く感じる時があるのです。この人一体何があったんだろう?みたいな。まあ、色々あったんですけどそれはここでは置いときます。

 

さて、そのイベントも中盤に差し掛かり、食事の席に移動しました。そしてさっきの彼女とまた子供の話になったのですが、彼女の話題の中でチラリチラリと「1人で育てた」と言う言葉が出てくるのです。

はっきりとシングルマザーと言ってる様子はありませんでしたが、どこから聞いてもそうなのです。もう成人されたお子さん2人と今高3の末のお子さんを、どうやら1人で育ててきたらしいのです。

初対面なので事情なんかはわかりませんが、1人でそんなことができるなんて神業と思います。まず3人の大学費用を出すことが一体どのくらいするのか、もちろん色々な制度を利用されたとか、養育費保険が入ってくるなどの諸事情もあると思います。

しかしそれにしても、1人の子供でもかなり大変なんじゃないかなと思っているのに、3人大学まで行かせるってどれだけー!?と思いました。大学に行くのだから、ほとんどの場合は高校にも行ってたはず。するとその前の過程で、とか行ってたでしょ〜?

塾の月謝って大きく、家計を圧迫すると言う理由で辞める方もいるくらいです。でも、塾に行かないと高校すらなかなか難しいのではないでしょうか。

彼女は「うちはさすがに塾はお金が厳しいから通わせたことはなかったわ。単発の講習会だけならあったけど、基本自分で勉強しなさいって言ったの。本当は行かせてあげたかったけどねえ。」とちょっとすまなそうにお話ししてくれました。

うわぁ!塾、ほとんど通ってなかったんだ!と驚きました。

「でも、それならそれで、本人たちは結構頑張って自分で勉強してたわよ。塾行けなければ自分でなんとかするって言って。」

確かに、結果がそれを物語っています。塾がないならないで、自分で考える子供になるものです!

そして、このお母さんとお話しているうちにわかったのは、ご本人も具体的な夢を持っていたのです。プライバシーもあるのでここでは書きませんが、全ての人や動物が大切にされる社会の雛形を作るような内容でした。子供がやる気を発揮したり希望を持つためには、親のあり方も重要なんじゃないかと思います。

そういえば、私の親戚にも母子家庭の子がいましたが、彼女は塾へ行っていなくても上位の公立高校に入学していたのを思い出します。塾に行っていた私よりずっと偏差値の高い高校です(汗)

塾はたしかにテクニックや受験に出るところを教えてくれますが、やる気がなくて通っている子より、塾へ行ってなくても自分で目的持って行動する子の方が成果が出てると思います。

もちろん個人差もあるので一概には言えませんが、そういう傾向はあると思います。

もう一件、思い出したので書いておきますが、以前もう1人女手ひとつで3人子供を育てた人がいました。彼女の家は非常に貧しく、子供達はご飯にマヨネーズかけて食べる暮らしをしてたそうです。おかずがないんですね。

なので子供たちは、塾も大学も行っていないんですが、現在皆さん自分のお店持ったり、超有名な会社で高収入を稼いだり、このお母さんの住まいも作ってくれたりしてました。何か成功するのに、学歴は必ずしも必要ではないようです。

だから、塾に通うこともみんなやってるとウチもしなきゃという気分になりそうですが、それができない環境でも問題ない場合は多いのです。何がどうなるかなんて、ほんとわからないですね。いろんな事情のあるご家庭の皆さん、諦めないで。お子さんの将来は希望ありますから!

 

 

 

 - 小・中学生学習塾あれこれ話