高校受験の数学が難しいと感じる理由と苦手でもやる気が出る方法を解説

   

Pocket

今日は、数学についてのお話です。

理数系でしょ?頭いいんじゃない?というような言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、なぜか、理科とかができると頭がいいっていうイメージみたいなものがありませんか?

私は完全に文系タイプでした。でも文学が大好きとかそういうわけではなく、理数がさっぱりわからない、理系じゃないから自称文系(笑)

さて、では自称文系の立場から、まずは数学についての難しさやそれをどうにか少しでも面白くする方法を考えてみました。面白くなるかはわからないけど、興味が少しでも持てるように。

 

まず理科、数学が難しいと感じるのは、普段の生活で使わないからじゃないでしょうか。数学ではなく算数レベルなら普段の生活でも使います。例えば買い物してる時の計算とか、待ち合わせ時刻に目的地に着くように時間を逆算したりなど。料理の時はグラムやリットルなどの単位も使うし、物の数や長さ重さを割ったりかけたりもするでしょう。

でも関数などになってくると、普段の生活でまず必要ありません。仕事とかによっては必要な人もいると思いますが、少なくとも高校で数学を終えてから今に至るまで、関数が必要な場面は私の人生でほぼありませんでした。

ただここで思うのが、もしそういう概念がきちんとわかっていたら、もっと効率よく生きられたんじゃないかなんて思うことがあります。使わないから気づかなかっただけで、もし使えていた自分が見たら「なんて無駄の多い生き方をしてるんだろう!!」と、驚き呆れているかもしれないのです。

それから、ひと昔前は数学を知らなくても問題なかったかもしれません。けど今の時代パソコンがあり、エクセルなどにも関数って使われています。(私はほとんど使ってませんが)そしてもっと複雑なものもたくさんあります。こういう場面に出食わした時、ああ、数学ちゃんとやってればよかった…。という気持ちになることはあるのです。まあ、今からでも勉強すればいいんですが。

 

そんなわけで、やってたらもっといろんなことができていたかもしれない数学。じゃあ、どうやって勉強したらいいんだよって感じです。ここからは先生の立場で考えてみたことを伝えます。

ある塾の講師はパズルのようにゲーム感覚でやるものだと言っていました。確かに、勉強だと思うと嫌ですが、ゲームだと思うとちょっとやってみようかって感じもしませんか?これは人によるかな?

あとはその作業が必要なのはなぜかを伝えてあることも必要じゃないでしょうか。この計算が必要なのは何のためか、分からずに授業を受けている子がたくさんいると思うのです。

例えば、もし立方体の体積を求めることが最終目標だったら少しでも興味持たせるために、そのずっと手前のかけ算を教える時点で伝えておく。「この計算ができるようになると、順番にやっていけば箱の大きさがわかるようになるよ」とか。(もっと面白い言い方はいくらでもあると思う)

 

なんかあまりいい表現ができないのですが、プラモデルとかで言えば完成形を最初に見せる。みたいな感じですね。そうすると、あれ作りたい〜的な目標を持ちながら進んでいけるような気がします。腕とか脚の部品だけ、訳分からず作ってても面白くないですよね。

そういうことまで考えて説明されている先生もきっといるでしょうけど、普通は単元を個々に教わるため、一体それがなんの役に立つのかわからないからつまらんという生徒さんもいるはずです。

関数の話ばっかりで恐縮ですが、X座標とy座標の話だけだと何のためのものだかよくわからないじゃないですか。(私は関数が超苦手でした)

これができるとこうなれるよ。そういう提示をした上で勉強を教えていくのが大切じゃないかと思います。

えらそうに語ってしまいましたが、私は数学素人です(汗)だからこうやって、わかんない人視点で書いているのですよ。わはは。

 

 

 

 

 

 

 - 小・中学生学習塾あれこれ話