一度はお別れしたけれど…復縁ならぬ(笑)復塾って気まずいもの?

      2018/02/08

Pocket

一度は何らかの理由でやめてしまった塾。退塾の理由は個々で全く違うので、これはケースによっても分かれると思います。

こういう内容は特にここで話題にしなくても、それぞれの価値観によって決めればいいことなのですが、やっぱり中にはそういうことでも「常識的に考えてどうなんだろう?」とか、「そういう人って多いのかしら?」と考え込んでしまう方もいるかと思うのです。

これはとても時間がもったいないし、ちょうど先日、私の働く学習塾で復塾があったのでそのことも含めてお話します。

また、そうやって聞くと復塾ってしょっちゅうあるケースなのかと思われそうですが、それがそうでもないのです。私、数年ここで働いていますが、今回ともう一回あったかどうかよく覚えていない…くらいの稀なケースです。

 

では、塾側としてはどうなのか?気まずいのか、喜ばしいのかと聞かれたら、例外はありますが基本的には喜ばしいです。

(例外というのは、以前トラブルがあって辞められたなどの場合です。が、そう言ったことはまだ私が在籍してる期間中一度もないです。)

恋愛や結婚などの復縁は、いろんな事情もあるので喜ばしいかどうか微妙ですが(もちろんそれで幸せになるなら喜ばしいです)塾の場合は普通に通われてた生徒さんの復塾なら、内面的な葛藤などないので単純にありがたいものです。

その塾を気に入ってくれているということですし。

特に辞められた時の事情が経済的理由などだったりすると、お客様の方にも余裕ができた場合が多いため、安心して受け入れることができます。

 

さて、先日復塾された生徒さんは、以前の退塾の理由が「塾に行きたくない(ちょっとした反抗期)」みたいな感じで一年くらい間が空いていたのです。今回、受験生になるというのに在籍当時より成績がかなり落ちたことを危惧して再度入塾を決断してくれたようです。

もちろん、来てくれたからには全力で面倒を見ます。ただ、講師側からすると「もったいなかったな」という感じは拭えないようです。もし、あの時ちょっと立ち止まって塾に居続けていれば、もう少し上のラインをキープできていたんだろうなあ。という印象でした。あ、それでもちゃんとやる気出してもらえば再上昇は可能ですからね、ご安心下さい。

そして、生徒さんの立場でも考えてみました。

(成績が落ちたよ!どうしよう…。やっぱりまた塾行かなきゃヤバいかな〜。あそこの塾友達もいて良かったし、続けてる子は下がってないなあ。他の塾を探すのは面倒だし慣れてるところがいいな。こっちもあの時、親とケンカしてムカついたからって辞めちゃって後悔。でも、成績が落ちたことを先生に言われたくないな。自分でもそれは十分自覚してるし、これから頑張るからあんまり指摘しないで〜!)

こんな感じじゃないでしょうか?

私だったらそう思います(笑)

いや私だったらそういうの気にして、違う塾行くかもしれない(汗)

ですから、もう一度通う決断してくれた生徒さんはとても勇敢です。これから頑張って高校受験を乗り切っていこうね!応援してるよ!

 

 - 小・中学生学習塾あれこれ話